ごきげんいかがですか、
うみです❣️
9月18日は、
「かいわれ大根の日」
9月はこの日を制定した会合が行われた月で、18日は「8」の下に「1」で「かいわれ大根」の形(竹トンボ型)になることから。無農薬の健康野菜である「かいわれ大根」にもっと親しんでもらおうとPRすることが目的。

かいわれ大根について


かいわれ大根は、大根の発芽直後の芽と茎を食用とするスプラウト食材である。ローフードや酵素栄養学では「酵素を多く含む食材である」として重視されている。発芽に伴う代謝の中で、種子の時には存在しなかった成分も新たに合成され、ビタミン・ミネラル・フィトケミカルなどが含まれる。

スプラウト(Sprout)とは、主に穀類・豆類・野菜の種子を人為的に発芽させた新芽で、発芽野菜・新芽野菜ともいう。スプラウトには、大根やブロッコリーなどのアブラナ科の緑黄色野菜や、マメ類の種子が使われる。もやしはマメ類のスプラウトである。

かいわれ大根の歴史は古く、平安時代の『和名類聚鈔』(和名抄)の「菜羹類」で黄菜(おうさい)として、かいわれ大根が記述されていて、これは「さわやけ」とも呼ばれ『宇津保物語』でも「さわやけの汁」と使われている。

(雑学ネタ帳より)


豆類や野菜の種子などを発芽させた食用新芽、



スプラウト。

その中でも"食べるサプリ"と呼ばれているのが

"ブロッコリースーパースプラウト🥦"‼️
ブロッコリースプラウトは、


ビタミンA、K、Cなどを豊富に含むほか、


スプラウトの中でも


「スルフォラファングルコシノレート」


の含有量が多い野菜です。


「スルフォラファングルコシノレート」は


アメリカのポール・タラレー博士らによって、


発芽して間もない、ブロッコリーなどの


アブラナ科の野菜から発見された成分。


その働きは、肝臓が持つ解毒、抗酸化、抗炎症の作用を高め、


肝機能を改善すると考えられています。

今はスーパーマーケットでも


よく見かけるようになりましたねー😆


カラダにいいもの、いっぱい食べよう‼️


✨🌱🥦✨🌱🥦✨🌱🥦✨🌱🥦✨🌱


くまさん、


"スプラト"


"スプラト"


違うものだよぉ〜😫💦


※ちなみに、「スプライト」のブランド名の語源は、英語のSpirit(元気の意)とSprite(妖精)に由来し、炭酸が威勢よくはじける様子、さわやかな透明感などを表現しているそうです❣️
(知らなかったぁーキョロキョロ!)


おすすめの記事