ごきげんいかがですか、
うみです❣️
9月5日は、
「国民栄誉賞の日」

1977年(昭和52年)のこの日、2日前の9月3日に通算ホームラン数756本で世界最高記録を作った王貞治選手が、日本初の国民栄誉賞を受賞した。

国民栄誉賞とは、日本の内閣総理大臣表彰の一つで、前人未到の偉業を成し遂げ、多くの国民から敬愛され、夢と希望を与えた人に贈られる賞である。賞の運用は1977年(昭和52年)8月に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われ、当時の首相・福田赳夫により創設された。2016年(平成28年)時点で、美空ひばり・黒澤明・長嶋茂雄など、26個人1団体に対して授与されている。

(雑学ネタ帳より)

✨nippon.com✨

国民栄誉賞 受賞者一覧
一番新しい国民栄誉賞は、
昨年の7月にフィギュアスケート⛸の
羽生結弦さんが史上最年少の23歳で
受賞されましたね❣️
受賞者の中では、
野球のイチロー選手(当時)は何度も断っていて、
4回目の辞退の時には、
「人生の幕を下ろした時に

                       いただけるよう励みます」


って言っていて賛否両論あるとは思いますが、


イチローさんらしいなぁ〜って私は思いました😊
次はどんな方が受賞されるのか楽しみですね❤️

おすすめの記事