ごきげんいかがですか、
うみです❣️
8月27日は、
「ジェラートの日」💕😍💕😍
日付は世界中を魅了した映画『ローマの休日』がアメリカで公開された1953年(昭和28年)8月27日にちなんで。映画の中でオードリー・ヘプバーン演じるアン王女がスペイン階段でジェラートを頬張るシーンは、ジェラートを世界中の人々に知らしめ、ローマを訪れる観光客の憧れのデザートとなった。
ジェラートの魅力を伝え、より多くの人にその美味しさを感じてもらうことが目的。

〜ジェラートについて〜
ジェラート(gelato)は、イタリア語で「凍った」という意味を持つ氷菓。発祥はフィレンツェで、イタリア人の夏には欠かせないお菓子である。果汁・果肉・牛乳・砂糖・時にはコーヒーや香草などを混ぜた物を凍らせて作る。
ジェラートの歴史として最も古い記録が旧約聖書である。その中に出てくる「乳と蜜」で、長老たちは夏に氷雪で冷やしたミルクシャーベット風の食べ物を愛飲していたと考えられている。
(雑学ネタ帳より)

最近出てきたイメージだったけど😅
ジェラートの歴史って
旧約聖書の時代からなんですねー‼️
ヘップバーンの映画はたくさん観ましたが、
白黒映画って勝手に色を想像できて
結構楽しいですよね😊❤️
ローマの休日に出てきたジェラートは
昔は今のような種類はなかったので、
"ミルク"あたりではないだろうか⁉️と
推測している人もいます🤔
でも、想像だったらなんでもいいですよね😘
今はいろんな味が食べられて幸せです😍💕💕
おすすめの記事