ごきげんいかがですか、
うみです❣️
8月13日は、
「月遅れ盆迎え火」

本来は旧暦7月13日であるが、明治の改暦後は、多くの地域で月遅れの8月13日に行われる。

お盆に先祖の霊を迎え入れるため野火をたく。一般的には7月13日または8月13日の夕刻に行う。地域によっては御招霊など大掛かりなものもある。以前からあったが、年中行事として定着したのは江戸時代といわれている。

また、迎え火の変形として盆提灯がある。これも同じく先祖の霊を迎え入れるための目印であり、先祖の霊が滞在しているしるしであるとされる。

(雑学ネタ帳より)

✨お盆のきゅうりやなすの名前や意味は?置き方や向きは宗派で違う?✨
✨お盆の精霊馬とは 地域による違いと作り方と処分方法✨
お盆ですねー(*´ー`*)
私の家では"迎え火"ではなく、
盆提灯でご先祖様をお迎えしてました💕
子供の頃はどこに来ているんだろうと、
家の中をキョロキョロ探していました(笑)
私はおじいちゃんもおばあちゃんも知らないので、(母方のおじいちゃんには抱っこされたことはあったみたいですが…)
会いたかったんですよねー。
友達がおじいちゃん、おばあちゃんの話をしているのを、
いつも羨ましく聞いていました。
だから、幽霊は怖いけど、
おじいちゃん、おばあちゃんならきっと
孫の私を怖がらせないだろうと思っていて、
「おじいちゃん、おばあちゃん、来てる?」
って盆提灯の前で言っていたのを思い出します(笑)
みなさんもご家族と
良いお盆にしてくださいね💕✨
おすすめの記事