ごきげんいかがですか、
うみです💕
7月23日(2019年)は、
「大暑」☀️🥵☀️🍧☀️🍻☀️

「大暑(たいしょ)」は、

「小暑」と「立秋」の中間にあたります。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「立秋」前日までをいいます。

「夏至」から約1ヵ月で、蒸し暑い時期。気温が上がり、1年でいちばん夏の暑さが盛りを迎える頃なので「大暑」。

そして、
「日本最高気温の日」☀️🥵☝️

1933年(昭和8年)7月25日、フェーン現象により山形県山形市で日本の当時の最高気温40.8℃を記録しました。

この記録は長らく最高記温の記録となっていましたが、2007年(平成19年)8月16日に埼玉県熊谷と岐阜県多治見で40.9℃を観測し、74年ぶりに記録が更新されました。その後、2013年(平成25年)8月12日に高知県江川崎で41.0℃を観測した後、2018年(平成30年)7月23日に埼玉県熊谷で41.1℃を観測し、これが日本の最高気温となっています。

(雑学ネタ帳より)





といことで、とにかく


"暑く

     なる日☀️"


ってことですね(苦笑)😅💦




夏真っ盛り、




熱中症には気をつけてくださいね❤️



水分補給はこまめにして、

早め早めの対処を心がけましょう‼️

("大暑"だけに、"対処"⁉️😱…💧)



おすすめの記事