ごきげんいかがですか
うみですキラキラ黄色い花雛人形黄色い花キラキラ
2月19日は
「雨水(うすい)」

「雨水(うすい)」は、「二十四節気」の一つで第2番目にあたる。現在広まっている定気法では太陽黄経が330度のときで2月19日頃。

「立春」(2月4日頃)と「啓蟄(けいちつ)」(3月6日頃)の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「啓蟄」前日までである。西洋占星術では「雨水」が双魚宮(そうぎょきゅう:うお座)の始まりとなる。

雪や氷が解けてとなり、雪に代わってが降り始める頃という意味で「雨水」とされる。実際は積雪のピークであるが、この時節から寒さが峠を越え、暖かくなり始めると見ることもできる。植物の草や木も芽を出し始め、日ごとに春を感じさせる。また、春一番が吹き、鶯(ウグイス)の鳴き声が聞こえ始める地域もある。

『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」と記されている。江戸時代の商家では「雨水」からひな人形を飾ると良縁に恵まれると言われ、農家では昔から「雨水」を農耕の準備を始める目安としてきた。

(雑学ネタ帳より)
ショボーン   ゆきだるまさん⛄️
         また冬に会おうね笑い泣き笑い泣き笑い泣き
おすすめの記事