ごきげんいかがですか、
うみです。
4月13日は、
「喫茶店☕️の日」

1888年のこの日、東京・上野に

日本初の喫茶店「可否茶館」が

開業しました。

1階がビリヤード場、

2階が喫茶室の2階建て洋館で、

1杯2銭の牛乳よりも安い1銭5厘で

提供していましたが、

5年で閉店してしまいました。

 

 

 

 

ところで皆さま、

 

喫茶店とカフェの違いって、

なんだかわかりますか? 

保健所の営業許可区分の

考え方として、一般的に

お酒を出すのが「カフェ(飲食店営業)」、

お酒以外のメニューを提供するのが

「喫茶店(喫茶店営業)」

という違いがあるとのこと。

保健所に営業許可を申請する場合、

喫茶店とカフェには明確な線引きがあります。

 

「飲食店営業」:食品を調理し、または設備を設けて客に飲食させる営業

「喫茶店営業」:酒類以外の飲物又は茶菓を客に飲食させる営業

 

上を見ればわかるとおり、

「食品を調理して提供する」

「お酒を提供する」というかたちを

取っている場合は、

営業許可区分のみで言えば、

「飲食店営業」となるわけなんです。

「飲食店営業」として振り分けられる</ p>

ジャンルには、レストランや一般食堂、

バーなどに並び、

"カフェ"の名前が挙がっていますが、

"喫茶店"の名前はありません。

でも、お酒や調理した食べ物を

出している喫茶店はたくさんありますし、

喫茶店をリニューアルした結果

「カフェ」と名前を変えているところも

ありますね。

つまり両者を、

営業許可区分ではなく

 “店名” としてとらえた場合

冒頭で触れた営業許可区分としての線引きは

 “基準”でしかなくなるそうなんです。

なんでも「喫茶店営業」許可をとった

場合でも、必ず「喫茶店」と

名乗らなければいけないわけではないし、

またその逆も然りなんだそう。

だから、

「喫茶店」とするか

「カフェ」とするかは

店主の好みなんだって( ̄▽ ̄;)

ちなみに「純喫茶」は、

“酒類のメニューを扱っていない喫茶店”

意味しているので、

お店を選ぶ際に覚えておくと

いいですね。

 

おすすめの記事