ごきげんいかがですか、
うみです。
4月10日は、
「駅弁の日」

日本鉄道構内営業中央会が

1993(平成5)年に制定。

4月では駅弁の需要拡大が見込まれる

行楽シーズンであり、

「弁当」の「とう」から10日、

さらに「4」と「十」を合成すると

「弁」に見えることから。

駅弁が日本で初めて売り出されたのは

1885(明治18)年7月16日であるが、

7月は季節がら弁当がいたみやすいため、

4月に記念日が設定されました。

 

 

 

 

駅弁って、

 

各地でいろいろなものが

ありますよね。

北海道で有名なのは、

函館本線の森駅の

"いかめし🦑」

 

駅弁大会の常連となっている

全国で一番有名な“いかめし”。

イカは2杯入り。

歯切れ良いイカの中身は

うるち米ともち米を合わせたもの。

身とご飯にしっかりと秘伝のタレが

染み込んだいかめしは、

噛むほどに舌の上にまろやかな

香味が広がり、クセになる味わいです。

< br>

 

 

あとは、

 

「かにめし🦀」

 

長万部(おしゃまんべ)の

「かにめし本舗かなや」さんの

"かにめし弁当"が有名ですが、

2019年2月28日でJRの車内販売の

積込みを終了しました。

残念です…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 

でも、車内では無理でも

直営店、通販、

デパート実演販売などで、

まだまだ味わえるようです‼️

(よかったぁ〜ヽ(´▽`)/)

 

 

 

あなたのまちの駅弁は

 

どんなのですか?

 

 

 

おすすめの記事