ごきげんいかがですか、
うみです❣️
1月30日は、
「おからのお菓子の日」

日付は「イソフラボン(1)」「大豆サポニン(3)」「オリゴ糖(0)」を並べた語呂合わせから1月30日に。

美容や健康、便秘改善などにも良いとされるイソフラボン、大豆サポニン、大豆オリゴ糖の入った「おから」を原料としたお菓子を多くの人に食べてもらうことが目的。

 

おからについて

 

「おから」は大豆から豆腐を製造する過程で、豆乳を絞った際に残るかすのことである。食物繊維を多く含み、火を通して食べることが多い。残りかすのため、値段はごく安価で庶民的な食品である。

「おから」は絞りかすの意味。茶殻の「がら」などと同源の「から」に丁寧語の「御」を付けたもので、女房言葉の一つである。他の呼び方として、主に関東では白いことから「卯の花(うのはな)」、主に関西・東北では包丁で切らずに食べられるところから「雪花菜(きらず)」などと呼ばれる。

「おから」は残りかすだが、蛋白質や脂肪などを多く含み、栄養価は非常に高い。また、脳の記憶力を高めるとされるレシチン(別名:ホスファチジルコリン)が豊富に含まれている。これは記憶に関連した脳内物質アセチルコリンの前駆物質である。

(雑学ネタ帳より)

ウインク   「おから」には"えいよう"が
        いっぱいなんだよっビックリマークビックリマークビックリマーク
        おからをつかったおかしって
        けっこーたくさんあるんだねぇー音譜音譜
        クッキージンジャーブレッドマン、ケーキショートケーキ、ドーナツドーナツ
       どれもヘルシーでおいしそう…酔っ払い
おすすめの記事