こんばんは、うみです。
3月26日は、
「カチューシャの唄の日」
1914(大正3)年、
日本新劇の父といわれている島村抱月と
松井須磨子が起こした芸術座が、
トルストイの『復活』の初演を行った。
(このトルストイ作「復活」の小説の
ヒロインの名前が"カチューシャ"です)
この中で松井須磨子が歌った
劇中歌「カチューシャの歌」が大流行した。  
 
 
   カチューシャかわいや
  わかれのつらさ
  せめて淡雪とけぬ間と
  神に願ひを(ララ)かけましょか・・・
 
 
 
ちなみに、
 
"カチューシャ"とは…
 
①カチューシャКатюша)は、
ロシア語などによく見られる女性人名
エカテリーナ(エカチェリーナとも、Екатерина)の愛称形である。
 
②名称の由来はトルストイの小説『復活
の主人公の女性「カチューシャ」である。
その理由は、大正時代にこれを題材にした
演劇が大人気となり、松井須磨子が演じた
「カチューシャ」がこの型のヘアバンドを
着けていたためという説がある。
 
(ウィキペディアより)
 
 
"カチューシャ"って
そういう語源が
あったんですねー。
知らなかったァ〜( ´△`)
あ〜、
くまさん、
カチューシャ
伸びてます…😱
「猫に小判、豚に真珠、
くまにカチューシャ⁉️」
 
 
おすすめの記事