ごきげんいかがですか、
うみです❣️
10月30日は、
「たまごかけごはんの日」

島根県雲南市に事務局を置く「日本たまごかけごはん楽会」(現:「日本たまごかけごはんシンポジウム実行委員会」)が制定。

2005年(平成17年)のこの日、雲南市で「第1回日本たまごかけごはんシンポジウム」が開催された。この時期はたまごの品質が良いと言われており、また、美味しい新米が出回る時期でもある。日本食の定番である「卵かけご飯」を切り口に食や自然について考えることが目的。

記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。「日本たまごかけごはんシンポジウム」では、たまごかけごはん(TKG)日本一を決定する「TKGチャンピオンシップ」などのイベントが開催される。

たまごかけごはんについて

 

「卵かけご飯」は、飯に非加熱の鶏卵を掛けた飯料理であり、日本特有の食文化とされる。世界的には卵を食す場合は火を通した調理法が一般的である。

調味料としては主に醤油が使用されるが、その他にもポン酢などの調味料、卵以外にも様々な具材が加えられる。卵かけご飯専用の醤油やふりかけも販売されている。

卵かけご飯に入れる具材は、人によって異なるがその種類は豊富で、海苔やネギ、かつお節、ゴマ、納豆、鮭フレーク、豚肉、キャベツ、チーズ、ごま油、キムチ、塩こんぶ、バターなどがある。

(雑学ネタ帳より)

【卵かけご飯の正しい食べ方】

卵かけご飯にはさまざまな食べ方があるが、シンプルで科学的に1番美味しい卵かけご飯の食べ方である。

この食べ方はテレビ番組『林先生が驚く初耳学!』(2017/7/9放送)で紹介された内容である。

卵に醤油を入れるのではなく、①ご飯に直接醤油をかける。そして、②醤油をかけたご飯に卵を入れる。この順番の方が卵かけご飯を美味しく食べられる。

人間の舌は塩味と甘味の両方があると塩味から感じやすく、甘味がうまく伝わらない。醤油のご飯を卵で包むことで、卵の甘味を先に感じ、その後に醤油の塩味を感じることができ、マイルドな味わいになる。

(雑学ネタ帳より)

みなさんは、どんな食べ方してますか?

わたしは卵をといてからお醤油を入れて

ごはんにかけるスタイルです(ふつう…^_^;)

いまは、卵白を別に泡立てたりして

手が込んでいるものもありますよね🙄

卵かけご飯って奥深い…😅

🐻 ぐでたまはさすがに食べれないよ…💦

おすすめの記事