こんばんは、うみです。
3月9日は
「ありがとうの日」
です。

由来は3(サン)月9(キュー)日で

サンキュー →Thank you →ありがとう

の語呂合わせなんだって。

 

"ありがとう"と言えば…

仏説譬喩経(ぶっせつひゆきょう)に

盲亀浮木のたとえ

と言うたとえ話があります。

ある時、

釈迦が弟子の阿難(あなん)に、

「そなたは人間に生まれたことを

どのように思っているか」
と尋ねた。
 
「大変、喜んでおります」
と阿難が答えると、

釈迦は次のような話をしている。
 
「果てしなく広がる海の底に、

目の見えない亀がいる。
その盲亀が、百年に一度、

海面に顔を出すのだ。
広い海には、

一本の丸太ん棒が浮いている。
丸太ん棒の真ん中には小さな穴がある。
その丸太ん棒は、風のまにまに、

西へ東へ、南へ北へと漂っているのだ。

阿難よ。百年に一度、

浮かび上がるこの亀が、

浮かび上がった拍子に、

丸太ん棒の穴にひょいと

頭を入れることがあると思うか」
 
阿難は驚いて、
「お釈迦さま、

そんなことはとても考えられません」。
 
「絶対にないと言い切れるか」

何億年掛ける何億年、

何兆年掛ける何兆年の間には、

ひょっと頭を入れることが

あるかもしれませんが、

無いと言ってもよいくらい

難しいことです」
 

「ところが阿難よ、

私たちが人間に生まれることは、

この亀が、丸太の穴に首を入れることが

有るよりも、難しいことなんだ。

有り難いことなんだよ」
と、釈迦は教えている。

有り難い」とは

「有ることが難しい」ということで、

めったにないことをいいます。
人間に生まれることは、

それほど難しいことなのです。

仏教では、

人間に生まれてきたことは

大変喜ぶべきことであると

教えられています。

他人から何かしてもらうことは、

めったにないことなんだよ、

有り難いことなんだよ」

というところから

「有り難い」

それがくずれて

「有り難う(ありがとう)」

となりました。

 

 

 

皆さまにも…

いつもお越しいただき

ありがとうございます‼️

 

大変励みになっています。

これからも宜しくお願いします!

 

 

ということで、

周りの人に

 

「ありがとう😊」

 

って言ってみませんか?

 

おすすめの記事