こんばんは、うみです。
今日は、
「ビスケットの日」

"幕末時代、ビスケットは長崎周辺で

外国人向けにだけ作られていましたが

水戸藩士の蘭医、柴田方庵が、

ビスケットの“保存のきく食糧”という

点に注目し、その製法を調べます。

そして柴田方庵が長崎留学中に

オランダ人からビスケットの作り方を学び、

1855年(安政2年)2月28日、

同じ水戸藩の萩信之助にパン・ビスケットの

製法を書いた「パン・ビスコイト製法書」を

送りました。"

『これが、日本でビスケットが

作られたことが明確にわかる

最も古い記録です。

全国ビスケット協会では、

この柴田方庵の記録と、

ビスケットの語源である

「2度焼かれたもの」という意味から、

「に(2)どや(8)かれたもの」の

語呂合わせの意味も持たせて、

昭和55年に2月28日を

「ビスケットの日」

としました。』

 

なんだそうです。

 

 

ビスケットと言えば…

 

🎶 ポケットをたたくと

ビスケットがひ・と・つ

ポケットをたたくと

ビスケットはふ・た・つ

 

もひとつたたくと

ビスケットはみっつ 〜

たたいてみるたび

ビスケットはふ・え・る〜🎶

 

「ビスケットの歌」じゃなく、

 

「ポケットの歌」です(笑)

 

 

私は勝手に

 

"4次元ポケット"

 

の歌だと思ってました(爆笑)

 

おすすめの記事